抵当権Ⅰ-抵当権あるorなし,抵当権の順位,物上代位

抵当権Ⅰ-抵当権あるorなし,抵当権の順位,物上代位担保物権

抵当権とは、不動産を債務の担保として、債務の弁済がされないときには、その不動産を競売にかけ、他の債権者に優先して自己の弁済を受けることができる権利です。

そして、抵当権の場合は、債務者又は第三者が「債務の担保として提供した不動産」の占有を移転しないまま、抵当権の設定をすることができます。

一般的な例としては、銀行から住宅ローン融資を受けるために、その購入した不動産を目的として、銀行に抵当権を設定し、被担保債権の債務者が、その購入した不動産を占有するというケースです。

今回の記事は、この「抵当権」について、わかりやすく解説します。

スポンサーリンク

01 抵当権がある or 抵当権がない

不動産を債務の担保として、債務の弁済がされないときには、その不動産を競売にかけ、他の債権者に優先して自己の弁済を受けることができる権利です。

ここから、事例として、

・債務者 兼 抵当権設定者X
・債務者Xの土地 1,000万円
・Xに対し、1,000万円の債権を持つA 抵当権がない場合とある場合
・Xに対し、1,000万円の債権を持つB
・・・上記の例で、債権者Aが『抵当権の設定がない場合』と『抵当権の設定がある場合』での、債権者AとBの分配額がいくらになるのかを解説します。
【AもBも抵当権がない場合】※つまり、ABともに一般債権者

債務者Xに、ABそれぞれ1,000万円ずつの債権を有しているときに、AもBも抵当権がない場合の配当は、

・Aは、500万円
・Bは、500万円
・・・という分配になります。
【Aには抵当権があり、Bは抵当権なしの一般債権者の場合】

債務者Xに、ABそれぞれ1,000万円ずつの債権を有しているときに、
Xの返済が滞り、抵当権が実行された場合に「債務者Xの土地 1,000万円」だった

①Aには抵当権がある場合
②Bには抵当権がなく、一般債権者である場合
・・・の配当は、

・Aは、1,000万円(抵当権による優先弁済的効力)
・Bは、残金である200万円(土地に関する直接的な権利はナイので)
・・・という分配になります。
【一般債権者とは?】
お金を貸しただけで、なにも担保を取っていない債権者のことを「一般債権者」といいます
【抵当権者と設定者】
お金を貸して、抵当権(担保権)の設定を受けた債権者のことを「抵当権者」といい、
お金を借りて、不動産に抵当権を設定した債務者のことを「設定者」といいます

a.物上保証人

物上保証人

お金を借りた債務者がBだとして、通常はそのB自身が所有する不動産に抵当権を設定しますが、他人の不動産に抵当権を設定することもできます。

このように債務者のために、自分の不動産を抵当権の目的として設定することをOKしてくれた不動産の所有者のことを『物上保証人』といいます。

上記のイラスト図では、Cが「物上保証人」です。

02 抵当権の順位

抵当権は、1つの不動産に対して、複数設定することも可能です。
ただ、その配当は、登記の先後で決まってきます。

例:1番抵当権 2番抵当権 3番抵当権
【事例】
1⃣債務者Xに、ACそれぞれ1,000万円ずつの債権を有している場合で、
・Aは1番抵当権者
・Cは2番抵当権者
そして、AC共に、登記済みでした。
債務者Xに、ACそれぞれ1,000万円ずつの債権を有している場合で、 ・Aは1番抵当権者 ・Cは2番抵当権者
2⃣Xの返済が滞り、抵当権が実行された場合に「債務者Xの土地 1,200万円」でした。
そうすると配当金額は、

・1番抵当権者A・・・1,000万円回収
・2番抵当権者C・・・ 200万円回収
Xの返済が滞り、抵当権が実行された場合に「債務者Xの土地 1,200万円」だった場合、配当金額は、1番抵当権者A・・・1,000万円回収 2番抵当権者C・・・ 200万円回収

03 物上代位

抵当権は、その担保目的物の売却・賃貸・滅失・損傷によって、債務者が受けるべき金銭その他の物に対しても、行使することができます。これを、「物上代位」といいます。

【抵当権の効力としての物上代位の例】

a.建物の滅失-火災保険金請求権
b.賃貸借-賃料債権(←→物上代位不可なもの:転貸賃料債権)

a.建物の滅失-火災保険金請求権

抵当権の効力としての「物上代位」できる例として、『建物の滅失-火災保険金請求権』についてをイラスト図解付きで、解説します。

Aの抵当権の目的物(建物)が、火災により滅失してしまいました。
目的物(建物)の滅失により、Aの抵当権は消滅するはずでしたが、債務者Xに火災保険金が入ってくるのであれば、その火災保険金を差し押さえて、優先的に弁済を受けることができます。

こんな風に、債務者の火災保険金請求権に物上代位することができます。
建物の滅失-火災保険金請求権に物上代位することができる

抵当権者は、物上代位するためには、「払渡し又は引渡し」の前に差押えしなければならないことがポイントです。

この場合なら、火災保険金がXに払渡しされる前に差押えしなければなりません。

b.賃貸借-賃料債権(転貸借料は不可)

抵当権の効力としての「物上代位」できる例として、『賃貸借-賃料債権』についてをイラスト図解付きで、解説します。

債務者兼設定者Xが「抵当権の目的物である建物」をYに賃貸し、「賃料債権」を有しています。
→抵当権者Aは、この「賃料債権」について物上代位することができます

借家人Yは、その「Xから賃借している建物」を、Xの承諾を得てZに転貸し、「転貸料債権」を有しています。
→抵当権者Aは、YのZに対する「転貸料債権」には物上代位できません。(最決平12.4.14)
賃貸借-賃料債権に物上代位することができる

c.物上代位の可否

「物上代位」とは、抵当権者が、その担保目的物の売却・賃貸・滅失・損傷によって、債務者が受けるべき金銭その他の物に対しても、「担保権」を行使することができるというものです。

その「物上代位」ができるか・できないかをまとめた表が次のようになります。

物上代位できるもの物上代位できないもの
賃料債権(最判平1.10.27)転貸賃料債権(最決平12.4.14)

※ただし、抵当不動産の賃借人を所有者と同視することを相当とする場合は、物上代位できる。
保険金の請求権 
不法行為に基づく損害賠償請求権 
買戻代金債権(最判平11.11.30) 

以上、抵当権に関する、

01 抵当権がある or 抵当権がない
 a.物上保証人
02 抵当権の順位
03 物上代位
 a.建物の滅失-火災保険金請求権
 b.賃貸借-賃料債権(転貸借料は不可)
 c.物上代位の可否
・・・についてでした。お疲れ様でした。
タイトルとURLをコピーしました